店舗物件の内見の注意点

店舗物件の内見は、新しい店舗を選ぶ際に非常に重要なステップです。内見は、店舗の実際の状態や周辺環境を確認し、将来のビジネス展開に必要な情報を得るための貴重な機会です。


1・目的を明確にする

内見を行う前に、店舗を借りる目的を明確にしましょう。具体的なビジネスの計画や目標を把握しておくことで、適切な店舗を選ぶ上での基準を明確にすることができます。たとえば、店舗のサイズやレイアウト、立地条件などがビジネスに適しているかどうかを確認することが重要です。


2・周辺環境の調査

店舗の周辺環境を詳しく調査しましょう。周辺の商業施設や競合店舗、交通アクセスや駐車場の状況などを確認し、ビジネス展開に適した立地条件かどうかを判断します。また、近隣住民の人口構成や生活スタイルなども考慮に入れておくと良いでしょう。


3・店舗の状態を確認する

内見時には、店舗の実際の状態を詳細に確認しましょう。壁や床、天井などの建物の状態や設備の動作状況、配管や配線の問題などに注意を払います。特に修繕や改修が必要な箇所がある場合は、追加の費用や工期を考慮して検討しましょう。


4・設備や設備の充実度を確認する

店舗内には必要な設備や設備が適切に整っているかどうかを確認しましょう。厨房設備や冷蔵庫、レジカウンターなど、業務に必要な機器が揃っているかどうかを確認します。また、トイレや洗面所などの共用施設の清潔さも重要なポイントです。


5・法的な規制や契約条件を確認する

店舗を借りる際には、法的な規制や契約条件を十分に理解しておくことが重要です。商業施設の利用規約や地域の建築基準法などの規制に適合しているかどうかを確認し、契約条件や賃貸料などの詳細を確認します。また、更新条項や解約条件なども慎重に検討しましょう。


6・将来の拡張や改修の可能性を考慮する

店舗を借りる際には、将来の拡張や改修の可能性も考慮に入れておくことが重要です。業務の拡大や店舗の改装を行う場合に、契約条件や建物の構造などが制限を受ける場合があるため、将来のビジネス展開を考えた上で適切な選択を行います。


7・複数の選択肢を比較する

内見を行う際には、複数の店舗の候補を比較検討することが重要です。複数の選択肢を内見し、それぞれの店舗の利点や欠点を把握した上で、最適な店舗を選びます。慎重な比較検討を行うことで、将来のビジネス展開を成功させるための基盤を築くことができます。


以上が、店舗物件の内見を行う際の注意点です。


内見は専門的な知見が必要です。是非、弊社にご相談ください。